MENU

足の疲れを改善する方法!そもそも足の疲れはなぜ起きるのか?

足の疲れ

前日に歩きすぎたときなどに「足が疲れている」という経験をした事がある方は多いと思います。
しかしなぜ、足が疲れしまうのかという事や、どのようにして改善するのが良いのかという事を知らない方もいると思いますので、いくつか紹介します。

 

何故足が疲れてしまうのか?

一般的に、長時間歩いたり、無理な運動をした後は足が疲れる事があります。それらは血流障害が起こっていたり、神経が圧迫されていたりする事が原因として考えられるものです。しかし、足の疲れはそれらのような健康であっても起こる事のほかに、病気が関係している事もあります。
足の疲れと関連している病気としては血管関係の病気や、腎臓や肝臓などの臓器に関する障害、さらには「糖尿病」「脳梗塞」などがあげられますが、他にも更年期などによっても足が疲れるという事もあります。

 

足の疲れ対策「筋肉を緩める」

激しい運動から足の疲れが起こっている場合、筋肉が緊張している事が原因として考えられます。日頃から出来るケアとしては、温めたり十分な睡眠を取ったりする事です。
足腰に負担のかかる生活を続けていると、筋肉が緊張し、硬くなってしまう事で痺れを伴いやすいです。姿勢を見直したり、定期的にストレッチしたりすると、足の疲労回復につながります。

 

足の疲れ対策「血行を良くする」

足が疲れる理由は、足の末端神経が圧迫され、血行が悪くなっている事が関係しています。なので、疲れづらくするにはしっかり血行を良くしてあげるのが効果的です。
例としてはお風呂上がりに足のマッサージをしてあげることです。足の裏や甲、ふくらはぎや膝裏などの箇所を、くまなくマッサージして血行を促進してあげる事で疲れづらくなります。

 

足の疲れ対策「医師に相談する」

足の疲れ対策を様々な方法で実践しても、一向に症状が良くならないと言う場合には、何かしらの病気が関係している可能性があります。
糖尿病や脳梗塞など、深刻な病気の可能性も少なからず考えられます。そのため、足の疲れが良くならない場合には、一度医師に相談してみると良いでしょう。

 

誰でも足の疲れを伴う事はありますが、その症状の裏には深刻な病気が潜んでいる可能性があります。
すぐに治る分には良いですが、なかなか治らない、頻繁に足が疲れるという場合には、少し注意した方が良いかもしれません。