MENU

精神的疲労=ストレス!なぜ疲れを引き起こす?その原因と対処方法

ストレス

作業したり運動したりする事で、身体的疲労が溜まってしまう事はありますが、それとは別に精神的疲労を溜め込んでしまう事も稀ではありません。
世間一般で言われるところの「ストレス」ですが、改めて考えるとストレスとは何なのか、何故疲れを引き起こしてしまうのかという事を知らない場合も多いと思います。

 

そもそもストレスとは?

ストレスは、不快な事による刺激に対する反応の中でも、刺激の種類に無関係なく心身に起こる反応です。外部からの刺激を主としますが、例えば天候等が関連する環境的要因であったり、病気などが関連する身体的要因、そして悩みなどが関連する心理的な要因や会社で上手くいかないなどといった社会的要因だったりするものがあげられます。

 

「ストレス」はなぜ疲れを引き起こすのか?原因について

ストレスは疲れと決して無関係な存在ではありません。例えば、ストレスを長期間感じていると、いわゆるうつ病などの症状を引き起こす場合があります。
症状の中には倦怠感や頭痛、目眩など様々ありますが、また、ストレスを感じる事で睡眠障害を起こす事があります。疲れを癒す為には質の高い睡眠が必要となりますが、ストレスがかかっていると睡眠の質がどうしても下がってしまいます。従って、質の高い睡眠がとれず、なかなか疲れを取り除く事ができないで、余計な疲れを感じさせてしまうのです。

 

対処方法について

ストレス対処法と一口に言っても様々ですが、適度に身体を動かす事が大切です。
軽いウォーキングやランニングでも良いですし、球技を楽しむと言うのも良いです。運動しない習慣がつくと、どうしても身体のストレスが発散されなくなってしまいます。
また、精神的なストレスに関しては、時間を見つけて趣味など好きな事に取り組むのも大切です。何かしなきゃ、時間がないといったように物事に追われるのは精神的なストレスを溜め込む原因となります。

 

今ではストレス社会と言われるほどに、生活の中にはストレス要因が多くみられます。
ストレスと上手につき合っていく方法を見つけたり、自分なりの対処法を発見したりして、快適な生活を送れる様に工夫してみましょう。