MENU

疲れ目にはコレ!なぜ目が疲れてしまうのか?3つの対策方法をご紹介

疲れ目

普段からスマートフォンやパソコンなどを使用し、目を多用される事が多いという方がいるのではないでしょうか。
目に負荷をかけ過ぎてしまうといわゆる「疲れ目」と言われる状態になりやすいです。
目はなぜ疲れてしまうのか、それに対する対処法について紹介します。

 

なぜ目が疲れてしまうのか?

目の疲れ、すなわち疲れ目というのは、目の周囲の筋肉が疲れている状態を言います。
目は外眼筋と言われる6本の筋肉に支えられていますが、眼球が長時間同じ視線で動かないでいると、筋肉が疲労を起こしてしまいます。また、目のレンズとして知られる水晶体を調節する為の毛様体筋に関しても、近くを見続けると負担がかかり、疲労を起こします。
今時で言うなれば、スマートフォンやパソコン、テレビで目を多用される方に、疲れ目は起こりやすいです。

 

疲れ目の対策「十分な睡眠」

疲れ目の対策として、十分に睡眠を取るのがおすすめです。目を閉じている状態は目が上の方を向き、筋肉がリラックスしてくれます。目の中に光が入ってこない状態がリラックスに関係しています。また、眼球の周辺を温めて血行を促進してあげると、筋肉の疲労物質を取り除ける様になります。

 

疲れ目の対策「目に優しくする」

仕事上、パソコンは必ず使ったり、スマホは生活に欠かせないという方は多いと思います。目に優しくするには、長時間パソコンの画面を見ない様にするのが大切です。
パソコンの近くに目を休める為の観葉植物を置いたり、たまに遠くの景色を見たりして、ピントの調節距離を定期的に変えてあげるのが良いです。また、目が乾燥している状態は疲れ目を引き起こす原因となるため、目薬を適度に打ち、潤いを与えるのも大切です。

 

疲れ目の対策「栄養を摂る」

疲れ目には、目に関する栄養を摂取するのも良いです。
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンDビタミンE、ルテインなどの栄養素は、目に優しい成分となっています。目を酷使される生活を送っている方は、食事からこれらの栄養素を摂取する様にしましょう。

 

今やスマートフォンやパソコンは生活に欠かせない存在となってきているため、多くの方が疲れ目を起こしやすい環境であるとも言えます。
目を疲れさせた状態にすると、過度に負担をかけているのと同様の事なので、適切な対処をしてあげるようにしましょう。